間取りを広くするためにも

家族集まるリビングは間取りのどこに配置するのが理想なのでしょうか。いパンに2階建ての家だと1階にリビング、2回はそれぞれの個室も受ける方が多いのですが、住宅密集地、敷地狭いとき安堵の理由で2階リビングを選ぶ方がいます。そしてこのメリットは複数あって、1つ目は2階建ての家の2階リビングは上に部屋がなく天井を高く取れたりします。勾配天井にしたり屋根形状を活用して空間のリビング作れます。そして2階のリビングは日当たり良いのがメリットで日の入る時間は1回より2階のほうが長く明るいリビングにした毛Rば2回リビングがいいでしょう。そして近隣気になりにくくプライバシー間持てることもメリットで、近隣の家が近いときリビングにいても視線感じたり、生活音聞こえたりするなど落ち着かないことがあります。なので、カーテンを閉め切ってるといったところが多いです。2階リビングは隣家と窓ずらすなど工夫してみれば視線は気にならないです。耐震性良くなるということも2階リビングならではのメリットです。リビングはできるだけ広く取りたい人が多いですが、広く空間とろうと売ればそれだけ柱の数少なくなってきます。また、1回の柱、壁少ないリビング作るより1回は個室も受け土台をしっかりさせて2回に広い空間とる方が耐震性いいです。

和モダンの新築一戸建てを三重で建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です