年収400万でも住宅ローンの審査通った

近年、わたしたちは一軒家を購入しました。タイトルにもあるように、年収は400万で、なかなかわたしたちの希望する家を見つけることができませんでした。価格を重視すると、どうしても家が小さかったり、間取りが希望と合わなかったりと、必ず妥協しないといけない部分があります。そんな中で出会ったのが、今住んでいる家です。とても気に入った家だったので、住宅ローンの審査が通った時は、とても嬉しかったのを覚えています。
この家は、利便性もよく、収納も豊富にあります。中でも、クローゼット風の扉の中に、押入れが付いていることです。上下に分かれていることにより、布団も入れることができますし、なにより扇風機やファンヒーターを収納するのにとても役に立っています。また、キッチン横にある収納庫も、とても気に入っています。キッチンはどうしてもごちゃごちゃと物が増えてしまい、友達が来た時に恥ずかしい思いをしてしまいますが、収納庫があるおかげで、保存できるものはそこに置くことができ、おかげでキッチンがスッキリしています。
逆に、最初は階段がリビングについていたほうがいいと思っていましたが、実際に住んでみると、歩き始めた子どもが勝手に階段のほうへ歩き、そのまま登ろうとしてしまいます。ベビーゲートをつけても、力が強いのですぐに外れてしまい、とても危険です。子どもが大きくなれば良いのですが、今住んでみると、違うところに階段があればよかったと思いました。

志摩で漆喰の平屋を建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です